離婚相談、離婚協議書作成

年金の分割

watch03.jpg
年金制度が変わり、離婚に大きな影響を与えました。
まず第1段階として、平成19年4月1日以降の離婚に関して「年金の分割」が請求できるようになりました。

年金の分割
年金の2階部分の夫婦合計額を、受け取る側から見て最大50%で分割することができるようになりました。

なぜ、この様な制度ができたのでしょうか?
年金は、年金保険料納付者に対して支払われます。
専業主婦の家庭では、妻は保険料を支払っていません(国民年金部分を除く)。
共働きの夫婦では、妻、夫がそれぞれ保険料を支払っていますが、金額に多寡があります。夫婦の総収入として家庭をやりくりしていても、年金はそれぞれが収めた保険料に対応する額になります。

夫婦でいる間は給付をうける人は誰であれ「夫婦(家庭)の収入」ですから問題はありません。

ところが離婚となれば、年金は名義人に対してしか支払われません。
これでは、日本の一般的な夫婦(夫の収入を主財源とし妻は専業主婦やパートなどで援助、共働きだが夫の収入の方が多い)が離婚した場合、妻の年金の受給額が極端に低くなってしまいます。

いままで妻はこの様なハンディを背負った上で離婚に踏み切らなければならなかったと言っていいでしょう。

離婚に際し「年金のうち金○円を、離婚後も支払う」という約束をする事は今までも可能でした。
しかし、支払が滞る事も考えられますし、なにより夫が先に死亡してしまえば、それ以降は受け取ることはできなくなってしまいます。

離婚していなければ遺族年金を受け取ることもできますが、離婚すればそれも受け取ることはできません。

年金の分割ができれば、離婚した妻も「自分名義の年金」として、死亡するまで受け取ることができるのです。