離婚相談、離婚協議書作成

協議離婚

watch02.jpg
離婚に占める協議離婚の割合は9割を超えています。
協議離婚の場合は婚姻と同じく両者の同意と届出だけで離婚が成立します。

他人にプライベートな事を知られるのはあまり気持ちのいいものではありませんし、互いに話し合いができるのでしたら、協議離婚が一番よいといえます。

逆に、「合意と届出」で成立するため安易に考えすぎないよう注意が必要です。
特に金銭面で「とりあえず離婚をしてから、話し合いを持とう」とすると、上手くいかない場合が多々出てきます。

例えば、預金残高の照合など夫婦であれば簡単だったものが、離婚したとたん金融機関が「公的機関からの要請がなければ開示できない」となることもあります。そうなれば、夫婦の財産がいくらあったのかすら把握できなくなってしまいます。

協議離婚の際には、財産分与や子どもの事などをきっちりと話しをつけ、その内容を公正証書で残すなどの手立てが、後々のトラブルを防ぎます。

なお外国人との離婚は、互いの合意がある場合でも調停離婚にしたほうが良い事があります。

詳しくは こちら 外国人との離婚 をご覧ください。