離婚相談、離婚協議書作成

離婚の種類

watch01.jpg
離婚には、4つの方法があります。
それぞれどのようなものか、簡単に説明してきます。

協議離婚
離婚の9割が協議離婚です。
協議離婚は両者の合意と役所への届出だけで成立します。
離婚の理由は問いません。

調停離婚
夫婦のいずれかが離婚する意思が無い、あるいは離婚には合意しているものの財産分与、親権などに争いがあり協議離婚できない場合に「家庭裁判所で調停」を行います。
調停では、調停委員を交えて話し合いを行います。ここで離婚の合意に至れば離婚する事ができます。

審判離婚

調停で話がまとまらず、調停委員が審判にまわすべきだと判断した場合や、金銭・親権等で解決がつかないときには家庭裁判所が審判する場合があります。
裁判所は互いの言い分を判断して、審判を下します。双方が不服を申し立てなければ、審判が有効になります。

裁判離婚

調停では話しがつかず、審判には納得できないとなると、あとは離婚訴訟しか道は有りません。
ただし、訴訟の場合は「法律が定めた離婚の理由=法定離婚事由)が必要です。