離婚相談、離婚協議書作成

離婚後生まれた子供

watch02.jpg
離婚後300日以内に生まれた子どもは前夫の子と推定されます。
婚姻関係にない男女間に生まれた「非嫡出子」とは違い「嫡出子」とされます。
そして、出生により「夫婦の氏であった方の戸籍」に入ります。
多くの場合、別れた前夫の戸籍に記載される事になります。

前夫の子ならそれでよい(問題は少ない)ですが前夫以外の子どもであるケースが大半を占めます。

2007年の特例によって「離婚後の妊娠であると医師が証明した場合」には父の戸籍を経由することなく母の戸籍に入ることができるようになりました。

しかしながら、離婚後300日以内に生まれた子どもの大半(9割以上ともいわれる)は、婚姻中の妊娠ですので、一度は前夫の戸籍に入ることになります。

この場合は、父親からの嫡出否認の訴えや親子関係不存在の訴えにより、前夫の子ではなくなります。その後、母の戸籍に入籍することになります。