離婚相談、離婚協議書作成

面接交渉権

watch01.jpg
子どもを引き取らなかった方の親と子がどのように会うのかという問題です。

夫婦は離婚により関係が終わりますが、親子の関係は消えません。

子どもへの虐待があった場合はともかく、引き取らなかった親も子どに会いたいという思いはあります。
もし「絶対に子どもに会わせたくない」と思ってもそれを強制させることはできません。親には子どもに会う権利が認められています。
これを面接交渉権といいますが、いつ、どこで、どのように連絡するのか、どのように会うのかなどを決めておかないと、後が大変です。

子ども事を第一に考えた上、双方が納得できる条件を話し合いましょう。なお、話がまとまったら文書として残しておく事が後のトラブルを防ぎます。

話がまとまらない場合は調停をこころみます。

面接交渉権にも限界があります

watch02.jpg

子どもがある程度物事を判断できる年齢になり、自分の意思で「会いたくない」という場合にまで無理やり合う事はできません。
また、引き取った親が再婚し新しい父親(または母親)と円満な親子関係を築いているなどの事情がある場合、実の親と会うことは好ましくないと判断されることもあります。