離婚相談、離婚協議書作成

夫婦の財産

watch01.jpg
夫婦で築いた財産は離婚するときは二人で分けなければなりません。
財産の名義は関係なく「妻名義で預金をした」、「夫名義で家を買った」場合にも「夫婦の財産」となります。

なお、次のものは各々の固有財産であり夫婦共有財産にはなりません。

  1. 結婚前から持っていた財産
  2. 相続等で得た財産
  3. 共働き夫婦が生活費を折半し、残りをそれぞれの名義で蓄えた財産
  4. 日常生活において単独で使用するもの(衣服など)

ただし一方が生活のために自己の固有財産を取り崩していた場合、相手方に対して固有財産から補填するよう求める事は可能です。

財産をどのように分けるかは、当事者が決めればよく、互いに納得ができればどのようなわけ方でもかまいません。
ただし、分不相応な分与とみなされた場合には、贈与税が課せられることがあります。