離婚相談、離婚協議書作成

結婚と離婚

watch01.jpg
結婚は、結婚しようとする意思と届出によって成立します。
一部の例外(未成年者の結婚、親族間の結婚など)を除いて、二人の意思だけが結婚するかどうか決める事ができます。

離婚は、婚姻と同じく夫婦関係を解消しようとする意思と届出によって成立します。
結婚と違うのは、一方が離婚したくないと思っているときでも離婚できる制度があることです。

離婚と財産

結婚している間にできた財産は「夫婦共同の財産」と扱われるため、離婚によって分ける必要があります。

内縁や事実婚などと言われる「婚姻届を出していない夫婦」には、離婚はありません。しかしながら、「夫婦共同の財産」や「不貞行為に対する慰謝料」などは、法律婚の夫婦に準じます。
ただし、届出をした(籍を入れた)夫婦ほど厳格には保護されません。